ハゲは褒めると毛が生えてくる?

「ハゲはあっちが強い」と言われますが、本当でしょうか。

発情ホルモンと呼ばれるテストステロン(DT)は、セックスを行うための興奮や勃起といった性衝動に作用します。独特の体臭もテストステロンの作用により発散されたフェロモンで、女性を惹き付ける媚薬の役目をします。

じゃあなぜハゲるんだ?ですよね。もちろん性欲の強い男性はテストステロンの分泌量も多いのですが、そのせいで毛が抜けてAGA(男性型脱毛症)が進行するわけじゃありません。セックスをやり過ぎてハゲたなんていうのも都市伝説でしょう。

 

そもそも AGAに直接関係しているのは、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)です。前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在している5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロンに変換されます。そのパワーは強力で、テストステロンが火力発電だとすれば、ジヒドロテストステロンは原子力発電。薄毛やハゲを倍速で進行させる力が強いのです。

毛乳頭

だったら5αリダクターゼを無くせばいいと思うでしょうが、残念ながらこれは遺伝が関係しています。AGAは遺伝が大きな要因を占めますが、それは5αリダクターゼの分泌量が多いという体質が遺伝しているのです。しかも毛乳頭でジヒドロテストステロンをキャッチするアンドロゲン受容体の感度にも、遺伝が大きく影響していると言われています。

 

ジヒドロテストステロンによって毛母細胞の成長が滞ると、髪は太く長くのびる成長期を待たずして、短いうちに抜け落ちてしまします。よく「1日に100本も毛が抜けた!」と病院に駆け込む人がいますが、それは一日の平均的な抜け毛の本数。心配すべきは自分では気付かないような短い毛が抜けていくことです。

抜け毛

前置きが長くなりましたが、ここからが本題

加齢やストレス、喫煙、栄養不足、運動不足などによって、テストステロンの分泌量は減少します。心理状態には特に左右されるので「抜け毛が増えた・・」と気にしすぎて、うつ状態に陥った人もテストステロンが減少します。その結果ホルモンバランスが崩れて、脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンが増加し、負のスパイラルに陥ってしまう人が多いのです。

テストステロンを増やす方法は3つ。

  1. 生活習慣を見直し、睡眠時間をたっぷりとること。朝起きたときにテストステロンの分泌量はマックスで、起きている間にだんだん減少し、睡眠中に補充されます。夜更かしをして、いつも睡眠不足の人は気を付けましょう。
  2. ストレスを溜め込まないこと。メンタル面の影響を受けやすいので、抑うつ状態になるとテストステロンは減少します。
  3. 異性に褒めてもらうこと。好きな人から褒めてもらうと、テストステロンの分泌量が多くなることが分かっています。テストステロンはタンパク質を同化して、健やかな髪や筋肉を丈夫にしてくれる作用もありますから、ポジティブを心がけましょう。

 

そして元凶の5αリダクターゼ対策には、育毛剤チャップアップの使用をおすすめします。

チャップアップには、5αリダクターゼを阻害してAGAを抑制する4つの成分(ヒオウギ抽出液、チョウジエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキス)が配合されているだけでなく、15種類のアミノ酸が配合されているので、育毛効果には良いことだらけ。副作用のない天然成分がメインですから、薄毛の進行を遅らせるために、長く付き合っていける安心安全な育毛剤です。

\ チャップアップの詳しい情報はこちら /
チャップアップ

チャップアップ 効果 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください