若い女性もAGAになる!?

女性は薄毛にはなっても、決定的なハゲにはならないと言われています。なぜなら頭髪は女性ホルモン、体毛は男性ホルモンが支配しているからで、体毛ボーボー、頭ツルツルの女性はいないのです。

ただし女性ホルモンは25歳がピーク。それからは分泌量が下がり始め、40歳を過ぎたころから卵巣機能が徐々に衰えていくと、エストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスの乱れが起きるのです。これが更年期のエイジング。お肌の衰えに加えて、頭皮環境の悪化によりヘアサイクルが乱れ、抜け毛・薄毛が目立ってきます。

ところが若い女性であっても、生活習慣の乱れやストレス、飲酒、喫煙、過激なダイエットによる栄養不足等で女性ホルモンの分泌が低下し、抜け毛・薄毛に悩む人が増加しているのです。

女性の薄毛

 

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが、毛根の部分で脱毛ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変化して、髪の成長を阻害することから起こります。

これに対して女性の薄毛はAGAとは呼ばず、FAGA(Fstrongale Androgenetic Alopecia・女性男性型脱毛症)と呼びます。加齢や生活習慣、遺伝が主な要因となって女性ホルモンが減少することで、相対的に男性ホルモンが優位になり、脱毛ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が活発化するのです。日本臨床医学発毛協会によると、薄毛で悩んでいる女性は300~600万人もいるのだそうですよ。

 

FAGAはどんなふうに薄毛になっていくかですが、いちばん多いのは頭頂部から後頭部にかけて広く薄くなっていくタイプ。ルードウィッグ型と呼ばれます。自分では見えない場所なのに、周りには気付かれているなんて最悪ですよね。

FAGAに最も多いタイプ

 

そんなFAGAは治るのでしょうか? 薄くなってからじゃもう遅い?

ご安心ください。FAGAはAGAに比べると、早めに手を打つことで、改善できる可能性が高いと言われています。食生活や生活習慣を見直すこと、頭皮ケアをきちんとすること、そして育毛剤を使うことで、薄毛専門クリニックに行かなくても自分で改善できます。

 

「髪が細くなってきた」「短い毛が抜けるようになってきた」と思ったら、早急に対策を取りましょう。今は抜けてしまっていても、毛根に毛球が残っているFAGAであれば、副作用の心配がない医薬部外品の育毛剤が向いています。

医薬品の発毛剤のほうが効き目がいいと思うかもしれませんが、ミノキシジルの効果が期待できる女性の薄毛は「びまん性脱毛症」だけ。頭全体の毛量が薄くなっていく症状にしか効きません。従って女性の一般的な薄毛には育毛剤を使いましょう。

それにはまず、育毛のための正しいシャンプー方法をマスターして、髪と頭皮を傷めないドライヤーの使い方も知っておいてください。髪が80%乾いたら、頭皮に育毛剤を塗布してマッサージします。これにより毛母細胞が活性化され、髪の成長期を延ばしていくことがができます。短い髪が抜けるのは成長期前半の髪が抜けてしまうわけですから、ヘアサイクルを正常化させることで、FAGAが改善できます。

毎日使用する育毛剤は何を選べばいいかですが、おススメは日本でいちばん売れているチャップアップ。厚労省が認めた3つ有効成分は女性にも効果が期待できるので、下のグラフのように23%の女性が購入しています。

チャップアップを使用している人

チャップアップ購入者(会員)の男女比と年齢分布図

チャップアップには55種類もの天然成分と15種類のアミノ酸が配合されていて、数ある育毛剤の中でダントツの成分量を誇ります。詳しくは下のバナーから公式サイトをご覧ください。

女性に人気!チャップアップの情報を見る

チャップアップ 効果 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください