薄毛が生じる仕組みとは?

薄毛の症状として、「脂漏性脱毛症」、「血行不良性による脱毛症」、「AGA(男性型脱毛症)」、「遺伝」などがあります。

脂漏性脱毛症

「脂漏性脱毛症」の場合は、主に食生活が関係しています。油脂の多い食事を摂りすぎると、頭皮に皮脂が過剰に分泌し、毛穴に皮脂が詰まってしまいます。それにより、頭皮トラブルが発症して、抜け毛が増えて、薄毛がひどくなってしまうのです。

血行不良性による脱毛症

「血行不良性による脱毛症」の場合は、ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、血行が悪くなることから引き起こされます。血行不良により、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

「脂漏性脱毛症」と、「血行不良性による脱毛症」は、食生活などの生活習慣を改善することで、薄毛の症状を改善することもできる場合があります。

AGA(男性型脱毛症)

「AGA(男性型脱毛症)」の場合は、DHT(ジヒドロテストステロン)とよばれる男性ホルモンが原因と言われています。遺伝の影響があるのもAGAの薄毛です。AGA治療薬などで対策することができます。

遺伝

薄毛の症状は遺伝すると言われますが、実際に遺伝の影響は大きくあると言われています。

そこにはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大きく関わっています。ジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成される悪玉の男性ホルモンのことです。

このジヒドロテストステロンの働きが強くなってしまうと、ヘアサイクルの成長期が短縮され、休止期が延長してしまいます。その結果、細くて弱々しい毛が増えてきて、薄毛・抜け毛が目立つようになってくるのです。

遺伝の影響を受けることが分かっているのは、酵素・5αリダクターゼの量です。5αリダクターゼを阻害する天然成分が多く含まれた育毛剤をおススメします。

薬用育毛剤チャップアップの成分を見る

この他の日常的原因

睡眠不足

私たちの髪の毛は寝ている間に昼間に受けたダメージを回復しています。細胞分裂によって髪の毛が生成されていくからです。

しかし睡眠時間が短いと、髪の毛のダメージを回復することが難しくなり、さらに大きなダメージを負うことになります。ダメージが重なると髪の毛は細くなったり、弱々しくなったりしてしまい、抜け毛が増える原因にもなります。

したがって、22時~2時のゴールデンタイムは眠ることができるようにしておきましょう。

ストレスのため込み

ストレスをため込むことも薄毛の原因になる可能性があります。ストレスは自律神経のバランスを乱します。自律神経が乱れると血行が悪くなります。私たちの髪の毛は、血管を通じて栄養を受け取っています。

血液の流れが停滞してしまうと、頭皮や髪の毛に必要な栄養が運ばれなくなり、抜け毛が増えたり、薄毛の症状が悪化したりしてしまう影響が出てきます。定期的にストレスを発散するようにしましょう。

喫煙

たばこは血行不良の原因です。薄毛対策をするためには、たばこを吸うことも控えるようにしましょう。さきほどもご紹介したとおり、頭皮や髪の毛に栄養が渡らなくなるため、薄毛対策期間中は禁煙に挑戦してみてください。

 

どうすれば薄毛を防げる?

以上に挙げた症状や日常生活の影響によって、髪の毛が薄くなる原因は一つとは限りません。複合的な要素と加齢が原因となっている方が多いのです。対応するためにはどの要素も範疇に入れた、できるだけ多くの育毛成分が入った薬用育毛剤の使用をおススメします。

医師・薬剤師の許可が必要な医薬品もありますが、それだけ強い成分が入っているということは副作用のリスクもあります。薬品の刺激で薄毛が進むなんてことがないよう、無添加・無香料の製品からお試しください。

\ チャップアップの詳しい情報はこちら /
チャップアップ

チャップアップ 効果 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください