20代の薄毛改善とハゲを予防する方法

まだ学生なのに父親みたいにハゲてきた!? 若い女性はハゲないはずなのにM字がヤバい!?

20代の若さで薄毛が気になる方(10代の高校生も)、将来ゼッタイに薄毛で悩みたくない方に、どうすればいいかの情報があります。

若ハゲ男性

若ハゲ女性

 

今まで気付かなかったのに、鏡を見て大ショック!! すでに薄毛の症状が進行してしまっているとしても、早いうちから対策を練ることで、ハゲを回避し薄毛を改善できる可能性は高いのです。でも逆に、放置して何も対策を練らなければ、薄毛の症状はどんどん悪化していき、取り返しがつかなくなる危険性もありますよ。

現在ハゲていても、ハゲていなくても、将来薄毛で悩みたくない方は、今から手を打っておくことをおススメします。具体的にはどのような対策が必要になるのかを詳しくご説明しましょう。

20代男女に起きる脱毛症の種類と原因

恋をして結婚をして人生の花が咲く前に・・・、まさか20代で薄毛になるなんて絶対にイヤですよね。中には中学生でもお悩みを抱えている人もいます。まずは落ち着いて、薄毛の種類を知り、自分がどれに当てはまるのかを確認するところから始めましょう。

薄毛の種類で代表的なものをピックアップします。

AGA

AGA

 

生まれたときから決まっていた運命かのように、男性の薄毛のほとんどはAGAです。AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことです。ジヒドロテストステロンという男性ホルモン(別名:脱毛ホルモン)がヘアサイクルを乱すことによって抜け毛が増えて、薄毛の症状が日に日に進行していくものです。ジヒドロテストステロンは最初からは存在しないのですが、筋肉アップや発情に関係する男性ホルモンのテストステロンが、前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在している酵素(5αリダクターゼ)と結びつくことで作られます。

 

FAGA

FAGA

 

FAGAとはfemale androgenetic alopeciaの略で、女性男性型脱毛症と呼ばれています。加齢や生活習慣、遺伝が主な要因となって女性ホルモンが減少することで、相対的に男性ホルモンが優位になり、結果AGAと同じような仕組みで薄毛になります。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症

 

脂漏性脱毛症は、頭皮に皮脂の分泌が増えすぎることから起きる脱毛症です。ちゃんとシャンプーしているのに、頭皮や髪がベタベタして、脱毛しやすいと言った症状が出たら、その可能性があります。主な原因は食生活の乱れで、肉や揚げ物、高カロリーなものを食べ過ぎたり、過度の飲酒や喫煙、ストレス、寝不足なども誘因となります。頭皮に皮脂が必要以上に分泌されると、毛穴に皮脂が詰まります。その結果、かゆみや炎症などの頭皮トラブルが発生し、脱毛を引き起こします。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛

 

年齢を問わず、牽引性脱毛症は長い髪の女性に多い脱毛症です。ポニーテールやシニヨンなど髪の毛を引っ張る髪型を続けていると、毛根が常にストレスを感じ、生えてくる毛が弱々しくなっていきます。髪の毛を長く伸ばすことも、重力によって頭皮に負担がかかるので、抜け毛と薄毛を感じたら、ショートカットにイメチェンするのも対策となります。

円形脱毛症

円形脱毛症

 

円形脱毛症は年齢に関係せず男女ともに起きる脱毛症で、昔は10円ハゲとも呼ばれました。スポット的なもの、頭部全体に広がるもの、広範囲に眉毛やまつ毛、体毛などに及ぶ重度なものもあり、若白髪を伴うこともあります。円形脱毛症の原因はストレスだと言われいますが、アトピーや遺伝、出産後のホルモンバランスによるもの、免疫機能に異常が生じることで起きる「自己免疫疾患」の可能性もあります。発毛して元通りになった思っても、再発する可能性があるので、医療機関で相談しましょう。

産後脱毛症

産後脱毛症

 

分娩後脱毛症とも呼ばれ、出産した女性の多くが体験する脱毛症です。女性は妊娠中に女性ホルモンの分泌が増えるのですが、出産後には急激に減少して、一時的にFAGA(女性男性型脱毛症)のような脱毛が起きます。ただしこれは、これは出産前の状態に戻る過渡期で起きている症状にすぎないので、出産後3ヵ月程度でホルモンが元の状態に戻ると、自然と薄毛は改善されていきます。

他にも原因としては、身体が完全に回復していないうちに慣れない育児に追われ、ストレスや睡眠不足、疲労などが蓄積して、ヘアサイクルに乱れが生じることが考えられます。産後脱毛症は時間が経ち、身心が落ち着いてくると自然に治るものなので、あせらず疲労の回復に努めましょう。

20代におススメの薄毛予防&薄毛対策法

生活習慣の乱れ

若いうちから薄毛に悩んでいる方は、生活習慣の見直しをしてみましょう。20代で最も多く見られる薄毛の原因は、生活習慣の乱れにあると言われています。

生活習慣が悪化すると、男女問わずジヒドロテストステロンの増加を引き起こします。ジヒドロテストステロン(脱毛ホルモン)は、男性ホルモンのテストステロンが、前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在している酵素(5αリダクターゼ)と結びつくことで作られます。毛球に作用してヘアサイクルを乱し、薄毛・抜け毛の症状を悪化させる作用があります。

では、ジヒドロテストステロンの増加を抑えて薄毛を予防するためには、生活習慣をどう改善すれば良いのでしょうか。幾つかの方法をお教えしましょう。

ストレスを定期的に発散して溜め込まないようにする

ストレス解消

 

人間の心と頭皮は密接な関係があり、ストレスを溜め込むことは薄毛を悪化させる原因になります。というのもストレスが溜まると、頭皮に血行不良が引き起こされる恐れがあるからです。

ストレスが過多になると、自律神経のバランスに乱れが生じます。これにより血液の循環が悪くなり、頭皮に張り巡らされた毛細血管にも血行不良が起きます。

私たちの毛髪がなぜ伸びるかと言うと、成長に必要な栄養分を血管を通じて受け取っているからです。ところが血流が悪くなると、頭皮や毛髪に栄養が行きわたりにくくなり、髪の成長が阻害されます。その結果、成長期の途中にある細くて弱々しい毛が抜け落ちてしまうのです。

髪の成長に悪影響を与えるストレスは溜め込まず、定期的に発散する習慣を持ちましょう。

頭皮マッサージを習慣づける

頭皮マッサージ

 

頭皮の血行不良は薄毛を進行させるので、血液の循環を良くしたいものです。ところが人間の頭皮には筋肉がないので、おのずと血液が停滞しやすいのです。そこで頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行が促進され、毛根から髪に栄養が行き渡りやすくなります。毛を生やすための毛母細胞の活性化にもつながります。

大切なのは頭皮マッサージを習慣化すること。思いついたときに行うのではなく、就寝前やシャンプーのときなど、自分が忘れないタイミングで行うようにしましょう。ストレスの発散やリラックス効果も期待できるので、心と髪に良い影響をもたらしてくれます。

20代で育毛剤を使うのはまだ早い?

 

チャップアップ

 

薄毛対策に多くの男女が取り入れているアイテムに、育毛剤があります。育毛剤がなぜ売れているかと言うと、育毛ケアに最適な成分が多数配合されているからです。鉢植えのグリーンに水だけ与えていても、やがて成長が止まり元気がなくなっていきますが、肥料を与えると青々とした葉が伸びていくのと同じことです。

頭皮の血行を促進する成分、AGAの原因となるジヒドロテストステロンが活発化しないように5αリダクターゼを阻害する成分、フケやかゆみを防ぐ抗菌作用のある成分、頭皮が固くならないようにする保湿成分、ヘアサイクルを正常化させるのに効果を発揮してくれる成分など、育毛剤を使用することで、薄毛の改善とハゲの予防に高い効果を期待することができます。

育毛

 

一般に育毛剤と言うと、30~50代ぐらいの男性が使用しているイメージが先行しています。そのため、まだ自分が使うには年齢的に早すぎるでは?と思ってしまう方もいます。

しかし最近のデータによると、人気の高い育毛剤を使用している方の多くは、20代後半から30代前半の男性なのです。もっと早い年代で、育毛剤メーカーには「高校生でも使えますか?」という10代からの質問もよく寄せられるそうです。遅くても20代のうちに育毛剤で薄毛予防の対策を打っておかないと、30代40代になったときには、取り返しのつかない薄毛に手を焼いている可能性が高くなるかもしれません。

\ チャップアップの詳しい情報はこちら /
薄毛

なぜならAGA(男性型脱毛症)には、放置しておくと進行して悪化していく特徴があるからです。少しでも薄毛が気になり始めたら、すぐに薄毛対策に取り掛かることが望まれます。年齢で判断せず、将来の自分のために積極的に対策を始めるようにしましょう。

育毛剤に副作用の心配は?

育毛剤や発毛剤を使用するにあたって、心配なのは副作用が起きないかどうかです。大丈夫! 育毛剤は天然成分を配合しており、副作用の報告は出ていません。

副作用が心配されるのは発毛剤で、配合されている「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった成分です。これらには多毛症や肝機能障害、精力低下などの副作用が起きる可能性があるため、医薬品として医師の処方が必要です。しかしこれまでに副作用が発症した確率としては、10%も報告されていないのです。

従って副作用を心配する必要はほとんどないと言っていいでしょう。むしろ副作用を心配しすぎるあまり何の手も施さないでいたら、ストレスが溜まって薄毛が悪化してしまう恐れもあります。それでも副作用が不安な方は、医薬部外品に分類される育毛剤をお選びください。

\ チャップアップの詳しい情報はこちら /
副作用訴求

ここまで20代の薄毛の原因や、誰でもすぐにできる対策方法などをご紹介してきました。

薄毛対策で大切なことは、発見したとき、気になったときにすぐ始めることです。放置しておくと進行して悪化していく恐れがあります。高校生でも女性でも使用できる、副作用のない育毛剤をおススメします。

チャップアップ 効果 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください